読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

57,前哨地の歓待

f:id:panic_beats930:20160905234505p:image

クルザス編、ホワイトブリム前哨地へ

なかなかレベルが上がらない地帯に入って参りましたね。今はレベリングルーレットなどもあるから、やろうと思えば確かに早い。

f:id:panic_beats930:20160905234828j:image

そしてクルザスは相変わらず物腰が硬い。もう、たらいまわしに感じ悪い物言い。ドリユモンめ…。ここでも信頼獲得のためにあっちに来たり、こっちにいったり…このあたりからLv.足らずのクエスト足留めもあるので、一気にLv.40まで上げてしまうことに…そしてそのために

f:id:panic_beats930:20160905235237j:image

f:id:panic_beats930:20160905235244j:image

サブクエストを消化します。

f:id:panic_beats930:20160905235402j:image

異端者とドラゴンにまつわる問題をダラダラと解決する仕事です。なかなかに複雑ですね、ドラゴン側は人間をドラゴンにしてしまう術があるようですし、人間は人間でそうなった人を異端者として処分してしまおう、みたいな。The 疲弊

f:id:panic_beats930:20160906000342j:image

クルザスを駆け回りサブクエスト、メインクエストを終わらせていくと、病院の機械を治すクエストがあり、それをこなすとこの人は信用できる、ということで物事が前に進みそうになりました

f:id:panic_beats930:20160906000532j:image

しかし、毎度のギイェーム、彼らは冒険者だから信用してはいけません、と、見計らったかのように現れる。冒険者一行は彼をどうにかしないと話が進まないと気付いたようです。怪しいところもあるので聞き込み捜査開始